臭いの影響

もしあなたが、新たに中古車を購入した場合、前のオーナーが乗っていたときの臭いが残っていたとすると、どう感じるでしょうか?
できれば、臭いが強い中古車は敬遠したいと考えてしまいませんか? それは査定においても重要なポイントになるのです。

よく、車内の汚れを気にして、査定の際に不安になる人もいますが、実は、汚れよりも査定にマイナスの影響を与えるのが、臭いの問題なのです。 次に中古車を手にするオーナーにとっても、臭いのある車というものは嫌う傾向にありますので、その分、査定のタイミングで、マイナスの評価をされてしまうということです。

また、昨今では、犬や猫などのペットを車に乗せて運転している人をよく見かけます。 ペットの問題も、査定には、大きな影響を与えます。
ペットの引っ掻きキズやシートなどへの汚れ、臭いというものも、査定の際にはマイナスに作用してしまいますので、日頃からペットの臭いのケアには敏感になっておく必要があります。

たとえ愛車でも、やがては売りに出す機会が訪れます。
そういったときに、日常の臭いのせいで、査定額が低下してしまっては意味がありません。
やがて来る査定の日に備えて、日頃から車を清潔に保つ努力を惜しまないようにしましょう。

そして、清潔に保たれた愛車で、高額の査定を受けられるよう、しっかりと一括査定サービスに依頼するようにしましょう。